高知の避難勧告全て解除

高知の避難勧告、すべて解除 四万十町などで浸水被害

梅雨前線の影響で大雨となった高知県西部では5日朝、雨脚が弱まり、四万十市土佐清水市四万十町黒潮町の4市町が計4907世帯1万650人に出していた避難勧告は同日正午までに、すべて解除された。

 降り始めからの雨量は午前10時現在、四万十町で6月の観測史上最大となる556ミリに達した。県危機管理・防災課によると、四万十町などで床下浸水23棟、床上浸水3棟などの被害が確認されたが、けが人はいない。

 気象庁によると、週末にかけて不安定な天気は続き、近畿や四国の太平洋側を中心に雷を伴った激しい雨となる地域もある見込み。

先日から高知県では非常に激しい大雨が、降ったといいうニュースはみなさまご覧になりましたでしょうか?
実はこの一日で6月の雨量を超える量の雨が降ったんだそう…
上記のニュースをご覧になって下されば分かると思うのですが、この大雨の影響で浸水被害があちこちに…
ここまで激しい雨量ともなると、なんらかしらの被害に遭われてしまうのは想定内ですよね。
ですが自然現象なので予め事前に準備することがあまりできないですし、
その準備にも限度があります…

でもそんな大雨にみまわれた高知県の避難勧告は、全て解除になったそうです。
安心しました。