STAP細胞、作製できなかった…

今週も始まりましたね。
まだ休みという感覚から抜けれない方も多いと思います。
体を少しずつでいいので慣らしていきましょうね?

私が以前から注目してたニュース、それはSTAP細胞です。
これに関するニュースがまたありましたので引用します。

「STAP細胞、作製できなかった」 香港の研究者が報告

理化学研究所小保方晴子氏らの手法では「STAP細胞は作製できなかった」とする論文を、香港中文大の李嘉豪教授が英オンライン科学誌に8日発表した。李氏は小保方氏らの英科学誌ネイチャー論文発表を受けてさまざまな手法で再現実験に取り組んだが、いずれも失敗。4月には「個人的にはSTAP細胞は存在しないと考える」と明かしていた。

 李氏は論文で、生まれたばかりのマウスの脾臓の血液細胞と肺の線維芽細胞を弱酸性の溶液に浸す小保方氏らの手法を試したが、さまざまな組織に分化できる能力を示す遺伝子の働きは観察できなかったと結論付けた。

 発表当初からSTAP細胞論文に疑念を示していた米カリフォルニア大デービス校のポール・ナウフラー准教授は「残念だがSTAP細胞は存在しないというのが単純な説明だ」とブログで指摘。今後ネイチャーが編集判断で論文撤回することになるとの見通しを示した。(共同)

小保方さんの会見でははっきりと、「STAP細胞は存在する」とおっしゃってました。
わたくしもその言葉を信じておりますが、実際に他の研究者はこのSTAP細胞を作ることができないと…

これがひとつの問題なのですが、誰もが作ることができないとやはりSTAP細胞は存在するとは言えないというのが非常につらい所ではないでしょうか?

彼女であればコツなどを掴んでいると思うので、STAP細胞を作り出すことができるんでしょうけど他の研修者はできないと…

「存在しないと考える」とまで言われてしまっているので
今後の傾向などもきちんとみていきたいと思っています。

皆様はこのニュースはどう思われますか?