平沢勇太のコツ

こんにちは!みなさまお仕事頑張ってますか?
今週も今日入れてあと二日ですからね!
もう少しですので頑張れるのではないでしょうか?

さて今日のテーマですが、前回わたくしがウォーキングについて書かせて頂きました。
今回はその『正しいウォーキング』について書いていこうと思います。

正しいウォーキング

ウォーキングをしているのになかなか痩せないという方いませんか?
そろそろ気候的に露出が増えてくるので、特に女性のみなさんはダイエットに励む方が多いのではないでしょうか?
ウォーキングは手軽な運動ですし、誰にでも取り入れることできます。
毎日やってるのに全然痩せないという方にこんな記事を見つけました。
是非ご覧下さい!

ウォーキングで痩せない人は間違っている「正しい歩き方」のコツ

スポーツの秋です。みなさん、体を動かしていますか? せっかく気候が良くて、体を動かしやすいスポーツ日和が続いているというのに、「体力がない」「時間がない」「面倒くさい」などの理由から、何もしないなんてもったいない!
そこでオススメしたいのが、比較的簡単で続けやすいウォーキング。通勤時や隙間時間の歩き方を見直して、痩せやすい体を手に入れましょう。

■ウォーキングは本当に痩せる!?
有酸素運動の代表”ウォーキング”は、ジョギングよりハードではないし、毎日の生活に取り入れやすいのが魅力ですよね。ですが、姿勢が悪くダラダラと歩くだけでは有酸素運動にはならず、望むような効果は得られません。「ウォーキングを続けたけれど、痩せなかった」という人は、これが原因かもしれませんね。
正しいウォーキングで脂肪を燃焼し、全身の血流を良くするためには、下記のポイントに気を付けてください。

■痩せやすさがUPするウォーキングのポイント
正しいウォーキングをして、しなやかな体を手に入れるためのポイントは下記の6つです。
(1)視線は真っ直ぐ前に向ける
(2)顎を引いて背筋を伸ばし、腰の高さを変えないようにする
(3)手を軽く握り、肘を90度に曲げて大きく振る
(4)普段よりも大股で、腰にひねりを加えながら歩く
(5)膝を自然に伸ばし、ふくらはぎの筋肉が使われていることを意識する
(6)かかとから着地し、つま先で蹴り出す
脂肪の燃焼は、運動開始から20分後に始まると言われているので、慣れてきたら20分〜1時間程度を目安に歩くようにしましょう。また、ウォーキングの20分前にコーヒーやお茶などでカフェインを摂ると、脂肪の分解を促進する効果が得られるので、朝歩く派の人は試してみては?

■ウォーキングを楽しく続けるコツ
では最後に、挫折することなくウォーキングを続けるコツをご紹介します。
(1)痩せた自分の姿を想像する
(2)アプリを使って歩数や消費カロリーを記録し、モチベーションを保つ
(3)景色や人物など、楽しいものに出会う
(4)「必ず歩かなくてはいけない」という義務感を持たない

ウォーキングは体に良いとわかっていても、「始めるきっかけがなくて結局そのまま……」という人は、心地よい風や美しい景色を楽しめる今が、始め時かもしれませんよ。

やはりここにもあるとおり、少しでも楽しく!が永遠のテーマです。
わたくしの場合は、好きな音楽を聴きながら歩いております。
そして強制的にやらないことでしょうか?
『毎日やらなければいけない!』
と少しでも思ってしまうと嫌々やることになって
なかなか続かなく、失敗する可能性も…。

それに正しい歩き方も書いてありますので、少しでも皆様の参考になれればと思い引用させて頂きました。
私は気づくとこの通りの歩き方をしているので、少しずつですが、痩せつつあります。

やはり健康管理は自分で行うしかないですからね!
今は本当気持ちいい季節ですし、是非みなさんも散歩がてらウォーキングを始めてみませんか?
夏いなったら熱中症などの危険性もあるのであまりおすすめしませんが。